ろばの日記

平凡主婦日記

戦争はこわい

今日は(もう昨日かな)朝からずっと頭が痛くて辛かった。
せっかく久しぶりに一人の時間が持てたのに、近所の郵便局とスーパーへ行っただけで、あとの時間はずっと家で横になってました。


今日は高校野球がなくて寂しいな… と思いつつ、以前録画しておいたNHKの特集番組を観たりしてました。
戦後、満州から引き揚げてこられた方々の話でしたけどね… ちょっとその内容に私は衝撃を受けて、ますます頭が痛くなりました。観てるのが辛かったけど、これは目をそらしたらあかん内容やな、、と思って最後まで観ました。


満州事変とかシベリア抑留とか、何となくうっすらと浅い知識はありましたけど、開拓民として満州へ渡った方々が、再び日本へ帰ってくるまでに実際に経験してこられた事というのは、ちょっと何というのか、想像を絶する地獄でした。
戦争はこわい。

NHKでは、何日か前にインパール作戦の特集もやってて、それは録画せずに観てたんですけど、この無謀な作戦も想像を絶する地獄でした。
私はインパール作戦という言葉を今回初めて聞きました。

戦争はこわい。
人が死ぬ戦いは嫌です。
人は何で戦うのかな?
私は誰とも争わず、戦わず、平和に穏やかにのんびりゆったり楽しく生きたいです。
競争も私は嫌い。