ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

クルマ屋さんで考えた

車検の為にクルマをディーラーに持っていってきました。
私は前からずっと思っていたのですが、カーディーラーというところは、Yシャツとスラックスを着ている営業マンよりも、つなぎの作業服で仕事をしている整備士の男の人達の方がカッコいいですね。


ディーラーに行くと、私はいつも、皆さんの仕事ぶりを何となくずっと観察してるんですけど、整備士さんの方が、生き生きと楽しそうにしておられます。手がちょっとオイルで汚れてたりしてね。。その職人って感じがまたいいんですよ。


営業の方は、お年寄りの長話に付き合ったりして、ちょっと大変そうでした。 まあ彼らは話をするのが仕事だから仕方ないですけど。
今日は、ウチ担当の営業マンはお年寄りの御用聞きで忙しそうだったので、私は彼の長い愚痴を聞かずに帰ってくることができました。
彼は私の前に座ると、毎回小一時間グチるのです。所長が変わって大変なんですよ~とか。事務の女がお局でこわいとか。バツイチの人と結婚したんですよ、とか。笑 
ほほぅ、その結婚の話は楽しく聞きましたけど。


しかし何で私が営業マンの話を聞いてるねん?逆やろ。
でも今日は爽やかな整備士さんに車検の説明と、代車の使い方を教わって、さっさと家に帰ってきました。


最近の車というのはエンジンスタートが押しボタン式なんですね。。なんか物足りない。
エンジンは、キーを差し込んで回す感じが良いのにな… などと思っている私は古い人間なのでしょうか。
それを言うなら、普段マニュアル車に乗ってる人がオートマ車に乗ったら、相当物足りなくて気持ち悪いでしょうね。マニュアル車、慣れたら面白いですもんね。


私は免許はマニュアル車で取りましたけど、今思えば、よく免許取れたものだというか… 苦笑 
教習所の坂道発進でいつもエンストしてましたけどね。左足でクラッチ踏むとか、もう今はオートマに慣れきっしまって、無理です。

でも、老人がアクセルとブレーキを踏み間違えてどっかの店とかに突っ込んでるニュースを見ると、マニュアル車だったら有り得ないのにな…と、いつも思います。
やっぱり、どの分野でも、便利と危険は背中合わせなんですね。インターネットも便利でこわい。


きょう図書館へ行く途中で、気になる家を見付けました。空き家でしたけど、中は一体どうなってるんやろう。気になる。f:id:rabumari:20170629162305j:plain

中、見たいけど、ちょっとこわい。

広告を非表示にする