ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

家族の話を聞くのも仕事かな

東海道(山陽)新幹線が昨夜、停電で10本も立ち往生したそうな。日本の新幹線でもこんなことがあるんですね。
もし旦那が乗ってる時だったら… と想像するだけで恐ろしい。狭量な人なので。
どんだけ愚痴聞かされるかと考えるだけで鬱陶しい。笑   
文句の多いネガティブな人の話を聞くのは本当にしんどい。私はアンタの母親か? 


旦那の母親は自分の息子(私の旦那)の話にじっくり耳を傾けるタイプではないので、旦那の鬱憤は全て私に回ってくるのでしょう。。結婚当初から私は母親代わりだ。
まあ、考えようによっては、夫婦の正しい形と言えなくもないですけど。
嫁に何も言わなくなったら、それはそれで問題なので。夫婦て難しい。

何となく私は、息子が成人したらもう旦那とは別れてもいいような気がしていますが… 笑
その為には社会復帰しとかないと駄目なんですけど、肝心のそれが出来てない。苦笑
あかん。
実家に帰って農業するしかないか?
いや農業はそんなに甘くない。修業期間5年くらい必要です。独りじゃできないし。


ところで高校生の息子は昨日も一昨日も、学校から帰ってきた途端、マシンガンみたいにずっと喋っていました。一時間くらいずっと喋ってましたよ。
その日のエピソードを色々聞かせてくれる訳ですが、子供の話は旦那と違って面白いから平和でいいです。笑えます。
高校生のエピソードて、キラキラしてます。
同級生の恋バナとか。


しかし私どんだけ家族の話を聞いてるんやろう。
ひょっとして「家族の話をしっかり聞く」ていうのも、お母さんの重要な仕事とちゃいますか。

ちゃんと話を聞いてくれる人が家にいたら、家族はまっすぐ学校や会社から帰宅しますから。。
人の話をしっかり聞くって、簡単にできそうで、なかなか出来ないんですよ。これが。疲れる