ろばの日記

平凡主婦日記

この国のパンダ事情

今さらですが、上野動物園でパンダの赤ちゃんが産まれましたね。本当によかった。本当におめでとうございます。


あの~ 
ちょっとひとこと言わせて貰いたいんですけど、
私が住む奈良県のとなりの和歌山県では、2、3年に一度くらい赤ちゃんパンダが産まれて元気に育って、もう何頭も中国へ帰っていってるんですけど…
先日も3頭が中国へ旅立ちました。

もちろん、和歌山でパンダが生まれた時もニュースにはなるんですけど、今みたいに、近隣全体が派手なお祭り騒ぎみたいになることは、ありません。
温かく見守るかんじです。


誤解のないように付け加えますと、私は和歌山のパンダをもっとメディアに取り上げて欲しいとか、赤ちゃんが産まれる度に長期に渡って騒いでほしいとか、そういう風に思っているのでは全然なくて、
いい加減、上野のパンダ親子をそっとしておいてあげて欲しいと願っているのです。


パンダはとても繊細な性格なので、もうそろそろ東京のテレビ局の人達には、パンダ親子のニュースを毎日のように流すのはやめてあげてもらいたい。

まあ、もちろん、パンダが動物園内でテレビを見てストレスを感じている訳ではないんですけど、慣れない育児に日々奮闘しているシンシンの気持ちになって考えてみたら、とにかくそっとしておいて欲しい筈ではないかなと。。

赤ちゃんが公開されるとなると、もっと大騒ぎになるでしょうね。パンダの人生も大変ですよね。
公人ですね。


経済効果の問題もあるのでしょうけどね。
それにしても東京のテレビて何でいつもああいう感じなんですか。
何が何でもブームの波に乗る!みたいな。
お金儲けのことしか頭にないのかなあ。


余計なお世話でしょうけど、
和歌山のパンダと東京のパンダ、幸せなのは、絶対に和歌山のパンダですね。。
私がパンダなら、和歌山のアドベンチャーワールドでのんびり暮らしたいです。