ろばの日記

平凡主婦日記

映画に元気をもらいました

ジェイソン・ステイサムがお馬鹿キャラで出ている「スパイ」とかいう映画をなんとなくTSUTAYAで借りてきて観たら、結構笑えるアクションコメディで面白かった。映画観ながら声を出して笑ったのて久しぶりかも。

中間テストが終わって家でボーっとしていた息子と一緒に観たんですけど、息子も「こんなジェイソンステイサムは見たことないな」と楽しそうに笑ってました。


映画「スパイ」 ジュード・ロウも出てました。ジュード・ロウってたぶん私と似たような歳だと思うんですけど、相変わらずイイオトコでした。
格好良かった… 
ちょっと冷たそうな感じしますけど、ジュード・ロウ。本当に格好良かったです。前からイイオトコだなとは思ってたけど、今日は何かますます好きになりました。
吸い込まれそうな瞳とでも言うのかな。


ちょっと今、ジュード・ロウのことばっかり考えてますけどね。笑  マクロン大統領のことばっかり考えてる日もありましたけど。
馬鹿か私は。

マクロン大統領と言えば、きょうG7サミットのニュースを見ていて思ったんですけど、やっぱりカナダのトルドー首相の方が男前ですね。優しそうだし。 情熱的なのはマクロンさんですけど。
しかし、さっきから私は何を言うてるんでしょうかね? 笑 
中年のイイオトコ評論? アホみたい。

いやいや。映画やテレビでイイオトコを眺めて勝手に一目惚れしてポ~となるのは悪くないです。精神衛生に効果的です。 何となくちょっと元気になりますもん。笑 生きる勇気がわいてくるっていうか。家庭平和にも繋がります。大げさですけど。
  
パート先の上司のことを好きになってどうにかなるとか泥沼ゲス不倫でおかしな事になるとか、そういう危険も全く無いのでテレビや映画の中のイイオトコに一目惚れするのは、何というか健全です。
ハハハ  
人はいくつになっても恋で元気になるのだ。
それでいいのだ。笑
私は今日はジュード・ロウに元気をもらいました。


ところで旦那が主張ばかりで全然家に居ない日がこれだけ続くと、たまに帰ってきたら、何か家の中が違う空気になるというか違和感を感じます。
慣れってこわい。