ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

奈良の隠れた名所へ行ってきた

前々から気になっていた奈良県の隠れ珍スポット「どんづるぼう」へ行ってきました。

動かない旦那を誘ってみたら、意外と素直についてきた・・というか同行してくれました。今日の運転手は旦那だったし。

どんづるぼう(屯鶴峯)というのは、奈良の香芝市というところにある、知る人ぞ知る観光スポットです。観光名所というよりは珍名所といったほうがいいのかな。

大昔の火山活動により奇岩群が露出した岩山です。

f:id:rabumari:20170506225756j:plain写真でみると伝わりにくいかもしれませんが、なかなかの景色でした。

階段をのぼった先は外国だった、、みたいな。

あまり広くはないので、すぐに飽きるんですけどね。

 

マウンテンバイクが2台写っていますが、これはもちろん私達夫婦のものではありません。おじさんが2人岩の上に座って楽しそうに喋っていたので、たぶんその2人が乗ってきたものだと思います。私たちは車で行きました。

 

この「どんづるぼう」、私はみうらじゅんさんと安西肇さんの「勝手に観光協会」という動画を見て初めて知りました。

あの二人はいいですね~ ゆるい感じがたまりません。

目の付け所が素晴らしい。(笑)

 

それにしても、どんづるぼうに来ている観光客(少ない)の平均年齢はかなり高かったです。

今日は私が一番若かったんじゃないかな? もう40代半ばですけど。

マウンテンバイクのおじさん二人以外に、駅から徒歩で来たっぽいリュックのおじさんが一人、奇岩の上に座ってしばらく休憩しておられました。

f:id:rabumari:20170506230652j:plain

ここだけ切り取ると本当に外国みたいです。

 

石灰岩だか何岩だか、私は岩には詳しくないのでちょっと分かりませんが、とにかくやわらかくてモロい岩でした。そこらへんに転がっている石で叩くと、すぐに割れました。 

旦那は楽しそうに石で石を割っていました。

この旦那は、家にいるのが好きなあまり動かない人なのですが、私が誘うと、待ってましたとばかりに外出の準備を始めたりすることもよくある不思議な人です。

誰かが誘ってくれるのを待っているのでしょうかね。 

受け身なんですね。

手がかかります。