読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

今日考えたこと色々。

昨日この日記に書いたプロバイダからのメールの件、落ち着いてもう一度よく読んでみると、不正なアクセスがあったのは3月中旬でした。
プロバイダによると、マルウェアに感染した可能性がある会員宛に月1回メールでお知らせしています、とのこと。 


3月中旬…!!! 
ノートンセキュリティが頑張ってくれたのかなあ?
うちのノートンさんにお礼しときます。
私は1ヶ月以上、何も疑わず普段通りにPCを使っていました。お~こわ。
三井住友銀行の、うちの住宅ローン口座にもアクセスしてました。お~こわ。あの口座は残高がローンの2ヶ月分くらいしか入ってなくて少ないし、銀行側もログインの仕方を最近かなり厳しくしているのでまぁアレなんですけど。


でも本当に悪い人がいっぱいいて、こわい。
悪い人って、何でそんな悪い事に頭を使うんですかね?もったいないです。
どうせなら、世のため人のため家族や友人のために頭と労力を使った方が、ずっと気持ちがいいのに。


アンパンマンがいつも言ってますよ。
「困っている人を助けると、何だか心がポカポカするんだ。」 …と。

アンパンマンは素晴らしいですね。私と息子は、いまだに毎週月曜日アンパンマンを録画して、晩ごはんを食べながら観ています。アンパンマンジャムおじさんがいつも優しいので、なんかホッとします。
フランケンロボ君っていうのがたまに出るんですけど、彼はバイキンマンが作ったロボットで、バイキンマンのことが大好きなのに訳あって一緒に居られないんですね。 私はフランケンロボ君の巻は、いつも泣きながら観ています。なんか切ないので。


そうそう。こないだテレビでポケモンを観ながら泣いてしまって、横で一緒にご飯を食べていた息子にドン引きされました。笑
まだ十数年しか生きていない若者には、あの切なさは理解出来ないのでしょう。ポケモンアンパンマンも、作っているのは思いっきり大人ですからね。
子供向けのアニメも、作品によっては非常に深いです。アンパンマンは深いです。

三十代半ばくらいから私は異様に涙もろくなり、何を見てもすぐに感動して泣けてくるので自分でも困っています。 泣きながら新聞を読むこともしばしばです。


東大寺二月堂の舞台から奈良の街並みを見下ろして、今年も無事に春を迎えることができてよかった…とか考えながら桜の花をみて泣けてきた時は、
私の感性もとうとうここまできたかと思いました。
歩きながら色々思い出して、ひとりで涙を流すこともあります。
これでは、もはや変な人ですが。笑
想像力が豊か過ぎるのも考えものですね。
不審者に思われないよう気をつけます。(^_^;)


そういえば前に、空の雲がキレイやな~と思って道端で立ち止まってしばらく空を見ていたら、通りかかった近所の人に「ずっと上見てなかった?どうしたん?」 と声をかけられました。笑

この空の美しさが分からない人に説明しても無駄だと咄嗟に判断して、「いや何か珍しい鳥が…」 と誤魔化しておきましたが、もしかしたら、私は近所では不思議ちゃん認定されているかも知れません。
別にいいけど。
分かってくれる人にだけ分かってもらえたら私はそれで十分です。
今は新緑がキレイですね。山を眺めると、緑にもこれだけいろんな緑があるんだなと、素直に感動します。いい季節です。


ところでワンタイムパスワードというのは急速に普及が進んでいるのですね。きのう久しぶりにiPodタッチにアプリをダウンロードしようとしたら、iPadワンタイムパスワードが送られてきました。
最初どこに送信されたのか分からなくて、パソコン急いで立ち上げたりしたけどそこでは見つけられなくて、ちょっと焦りました。
こういう時、iPhoneも持っていたらパスワードはどこに来るんだろう?
そういう設定を自分で何もしなくても勝手にセキュリティ強化してくれるから、アップル製品は人気あるんですかね。Androidスマホ買ってしまったので今更ですけど。