ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

子供がいくつになっても親は心配。

新入学生、やっぱり心配です。
もう高校生ですがやっぱり心配です。心の中で心配しつつ見守るしかないですけど。
あ。給食がなくなったので、心配と愛情とエールを込めたお弁当を昨日から作って持たせてます。
f:id:rabumari:20170413075757j:plain
豚肉とゴボウの甘辛煮がメインです。昨晩のおかずを残しておきました。


思えば小学校や中学校の時も、1年生の4月5月あたりはずっと心配でした。6月頃になると親も慣れてくるのですが。
小学1年の時は学校まで毎日私が歩いて付き添いしてましたが、それでも毎朝緊張で泣いてましたウチの息子は。よその子達は楽しそうに走って登校してましたけど。。
そういえば、あの頃はよその子達が楽しそうにしてるのを見るのも辛かったなぁ。(^_^;) 比べても仕方ないんですけど。


本当に繊細なのです。繊細だし、生真面目で完璧主義で、いろんな事が気になって仕方なかったのだと思います。想像力が豊かすぎてシンドイというのもあったかもしれません。
登校前、家で泣きながら吐いてましたから小学1年の時は(+_+)
辛い時期をよく乗り越えてくれた。あっぱれ息子。たくましくなりました。小中通して不登校にもならなかったし。


そんな息子がとうとう高校生になり、今までずっと徒歩通学だったのが電車通学になりました。
予定の電車に乗り遅れないかな…とか、
満員電車で気分悪くなったりしないかな…とか、
心配性の私はついついあることないこと色々考えてしまいます。

スマホ持たせてるけど、彼は真面目なので校則をしっかり守って、電源オフ状態でカバンに入れている様子でした。
昨日は帰宅してから電源オンしてました。笑


外出中ずっと電源オフ状態じゃあ、スマホ携帯してる意味ないじゃねーか、連絡とれないじゃねーかと一瞬思いましたが、いざという時にカバンに入ってるのと入ってないのとでは大違いです。(^_^;)
真面目な人間に育ってくれて良かったです。


世の人々が駅や電車でスマホばかり眺めている様は、ちょっと異様な光景ですしね。
たまに電車の中で文庫本読んでる学生を見かけると、私はなんかちょっとホッとします。

出来ればウチの子供にも、電車の中でスマホの画面ばかり見るのはやめてもらいたいです。車窓の景色を眺めて季節の移り変わりを感じてもらいたい。
たぶん大丈夫と思うけど。