ろばの日記

平凡主婦日記

提出書類がいっぱい

高校入学時に提出する書類が色々あるのですが、その中に就学支援金受給資格ナントカという用紙があります。

簡単に言うと、その用紙を提出して受給資格認定されたら、公立高校の授業料が無料になるというものです。

 

そしてその用紙を提出するに当たっての説明を今日読んでいて、ちょっと私は驚きました。

子供の保護者の年収が、920万円(多分これくらいだったと思う)以内の方は、受給資格があるとの事でした。

あの〜   子供が高校入学時点でお父さんの年収が900万以上もある家って、この奈良県内に一体どれだけあるんですか‥  謎です。そんなの、殆どのサラリーマン家庭が受給対象になると思うんですけど‥  わざわざ用紙を提出させる必要あるのかな。

 

添付書類の課税証明書を市役所で300円払って発行してもらう必要があるのですが、こんなのハッキリ言って事務作業が二度手間になってるんじゃないかなあ。   

だって提出された書類を高校の事務員さんが1枚1枚チェックするんですよね。


もういっその事、公立高校の授業料なんて全員無料にすればいいのに。

それか、年収1000万越えの人にだけ授業料の請求をするとか。その方が書類の枚数がグッと減って事務担当者もラクだと思うんですけど、そういう訳にはいかないのがお役所仕事なんですね。きっと。


ていうか、年収1000万もあって子供がそこそこ勉強できたら、奈良県民だったらほぼ間違いなく私学に通わせるでしょうけど。。

あ〜だけど県内の超有名私学進学校の生徒さんは、半分以上は大阪とか京都、遠いところだとはるばる兵庫県から通ってるんだった。確か。あのT大寺学園の事ですけど。N大和学園の場合は、関東から受験して寮に入る子もいるとか聞きます。 

ウチとは別世界の方々です。凄いですね。

 

それにしても奈良のような田舎に住んでて年収920万以上の人の職業って一体何なんですかね。

医者か弁護士か会社役員か自営業か、去年たまたま土地が売れた人、みたいな感じでしょうか?  

東京だとゴロゴロいくらでも居そうですけど。

ちなみに我が家は余裕で受給対象者ですよ。

何事もほどほどに。そして長い人生普通が一番いいというのが、私のモットーです。笑