ろばの日記

平凡主婦日記

バッドニュースオンリーな旦那

ほぼ毎日届く旦那からの愚痴メールが昨日は届きませんでした。関東の方で行われている某システムプロジェクトに途中から放り込まれた旦那は、かなり大変な目にあっているようで、寝る前にいつも「地獄や、、もうあかん。」みたいなネガティブ要素オンリーのメールを私に送ってきているのです。 

私はわりとすぐ他人に感情移入出来てしまう性格なので、それを受け取って読むと自分まで暗い気持ちになってしまって若干嫌なんですけど、 

「旦那からの暗いメールが来なかったらそれはそれで心配である」 

ということが判明しました。色々、あることないこと想像してしまうんでしょうね。私も勝手な性格だなと自分で思います。(いいのだ。人間だもの)

まぁ、心配は心配ですけど、独りで世界一周している訳でなし、周りには会社の人がいっぱい居て苦楽を共にしている筈だから、旦那のことは必要以上に考えないことにします。大人なんだし。

 

前にどこかで聞いたことがあるのですが、トヨタは「バッドニュースファースト」とかいう社風で、悪い知らせほど即座に先に先に包み隠すことなく上層部に報告しないと駄目らしいです。さすがです。  

なんで今この話を急に思い出したかというと、うちの旦那から私にもたらされる知らせというのは「バッドニュースファースト」どころか、「バッドニュースオンリー」だなあ・・と、ふと思ったからです。(笑) 

トヨタみたいなタフな企業とうちの繊細な旦那を比べるなっていう話ですけどね。笑

 

いや~でも、たまには旦那の口から「グッドニュース」を聞いてみたいです。これは私の本音です。切実な心の声です。だって、もう何年もずっと暗い話ばっかり聞かされ続けてますから私。どんだけダンナの愚痴聞いたんだろ。

もしかして傾聴ボランティアとか、人の話を聞く系の仕事とかに私は向いてるんじゃないか?とか、そういう意外な発見はありましたけどね・・(無理やり前向きに考えていますが)。 でも、人って相手を選んで愚痴りますよね。この人には話しても無駄だと思えば愚痴らないですよね。

 

あぁっ!そういえば私は旦那には愚痴らないことに今気が付きました。

この人に話しても無駄だと思ってるってことですね。でも事実だし。パソコンの方が私の話を黙って聞いてくれてます。男なんて家では役に立たない。電話が鳴っても誰も出ない。宅急便すら受け取らない。固いビンの蓋開ける時くらいですよ便利だなと思うの。ひょとして私の教育が悪いのか? あらら。笑