読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

旦那からの暗いメール

きのう23時半ごろ布団に入ってウトウトしていたら、出張先の旦那からメールが届いて起こされました。どうせネガティブな内容なんだろうな・・と思いながら読んでみると、やっぱり仕事の愚痴と疲れた事しか書いていませんでした。

電源を切っておけばよかったです。私の携帯は24時になると自動電源オフに設定しているのですが、これからは寝る前に電源オフしよう。

こないだ占い師のオヤジに「奥さんを大事にせえよ!!」と怒られたばかりの旦那ですが、私を大事にする心の余裕など皆無の様子。まあ別にいいんですけど。

私としては、もう旦那は生きて仕事に行ってくれたらそれでいいです。十分です。もっと私を大事にしてほしいとか、もっと家事育児に参加してほしいとか、そんなことは一切期待しません。

ていうか家事はさておき、今さら育児に参加されても遅いです。子供が父に全くなついていない。やっぱり、10~13歳くらいまでに親子の信頼関係をちゃんと築いておかないと、思春期になってから「しまった、、」と思っても遅いんですね。

 

ちなみに私は自分の親とは今でも普通の素直な会話が出来ないままです。どうしてもケンカ口調になりがちです。自分でも一応自覚していて困っているのですが、どうにもならない。

子供時代や独身時代、帝国陸軍みたいに親(主に父親)から理不尽に怒鳴られまくったことが原因だと思うのですが。。

母は父に絶対服従で、夫婦関係や嫁姑のストレスを、小さい頃の私相手に発散してましたよ。なぜか兄にその矛先が向かう事は無かったです。私の知る限り。

男尊女卑な家系なんですね。戦国時代か?それに小さい頃は私もおとなしい子供だったし。本当の反抗期に親に押さえつけられて家で反抗できなかった人は、大人になってからダラダラ反抗するようになるんですね。


私は他人や自分の子供に対しては優しくできるのに、親に対してだけ、優しく出来ません。 

うちの親はかなり自己中で、自分達が子供にしてきた事や言った事は全て頑丈な棚の上にあげるのです。羨ましい性格です。そして全ての事はお金で解決できると思っているようなところがあります。(確かにお金は生活するのに必要ですが、本当に大事なものほどお金で買えなかったりします)


うちの親いわく、私が親に優しくなく、懐くこともないのは、私の性格が原因らしいです。その私を産んで育てたのは誰なんだ?って話なんですけど。苦笑

自分達も、そのまた親(私から見た祖父母)とは冷戦状態だったのに、その事はすっかり棚に上げて忘れているようです。私は子供の頃からずっと間近で見ていて強烈に覚えてますけど。。  

だから私は結婚して親と同居するのだけは絶対に避けたかったです。だからお見合いも全部断りました。ずっと自分が板挟みになって辛かったし、自分の子供には私みたいな経験を絶対にさせたくなかったので。(とはいうものの、サラリーマンと恋愛結婚しても色々しんどい。結婚生活は人生修行なんですね結局)


なんか今NHKで変な親子関係のドラマやってますね。斉藤由貴主演で。あそこまで極端ではなくても、親の支配欲が強すぎるあまり、どうにもこうにも苦しんでいる人は世間にいっぱいいるんじゃないかなあ。

自己中はやっかいです。ドラマの斉藤由貴も相当な病的自己中ですが、あれは絶対なおらないです。自己中な大人に育てられる子供は最悪です。 

かと言って放任主義すぎても子供がおかしくなる場合もあるだろうし、子育てってどんだけ奥が深いんでしょうかね。。正解が無い。


あれ?なんか話がそれてきたのでもうやめます。何が言いたいのか自分でも判りませんが、心のモヤモヤを吐き出すとスッとします。

私の親も、お金お金と稼ぐことばかり考えていないで、ゆっくり日記でも書いて自分を見つめ直せばいいのに。たまには遊びに行けばいいのに。もう老人なのに遊ばないんですよ私の親。旅行も全く行かない。仕事が趣味なんかな?人生に余白がないっていうのか。何というのか。

日記が無理なら写経でもすればいいのに。決まった誰かに見せる訳でなくても、文字をかくと私はスッとします。


親子の心なんて、いつの時代もすれ違うものなのかも知れないです。多分それくらいでいいんだと思います。

私の子供の本心だって解りゃしないです。ついでに私は自分の本心も解りゃしないです。笑

皆そんなもんだと思います。人間だもの。