ろばの日記

平凡主婦日記

東大阪の隠れた名所、石切神社

昨日、家で負のオーラを放ち続けている旦那の気分を少しでも紛らそうと、神社への散歩に誘ってみたら、意外とあっさり旦那はついて来ました。

近鉄電車に乗って東大阪にある石切神社というところまで行きました。

ここの参道には占いの館がいっぱいあって、関西ではちょっとした穴場スポットというか知る人ぞ知る隠れた名所です。   

 仕事のことで悩んでいる旦那は私の予想通り、「二千円くらいやったら払ってもいいかな‥ちょっと俺の運勢を見てもらうわ。」と言いつつ、目が合った占い師の小部屋に入って行きました。勿論、私も一緒に入りました。

 

結果は‥  なかなか当たっていたと言えるかも知れません。旦那の性格をズバズバ言い当ててましたよ占い師。

「アナタはね、頑固で融通がきかない人で専門職や技術職が向いてますね。他人から命令されるのが嫌いでどちらかというと一匹狼で、普段は仕事のことばかり考えていて家庭を顧みない傾向があります。」

と、手相と人相を見ただけで、これだけ言われてました。私は後ろで聞いていて笑いそうになりましたよ。あまりにも当たっていたので。自分の仕事の事ばかりで家庭を顧みないって・・笑 そのままやん。

 

その後誕生日と名前を聞かれ、旦那が答えたら、占い師は何かちょっと調べた後、

「これ以上ない良い名前と運を持ってるのに、何を迷っているのか?逃げないで頑張って勉強してバージョンアップしなさい。辛い事を辛いと思わず、色々気付かせてもらっていると思って乗り越えて糧にしなさい。強い気持ちで頑張れば、必ず運は開けるんやで。アナタこれだけ良い運を持ってて成功せえへんかったら、張り倒す!」

みたいな、長めの説教が始まりました。占いというよりは、説教でした。

張り倒すって、、笑

 

私の主観ですけど、占い師のオヤジは、ウチの旦那の煮え切らない態度が気に入らなかったようで、少しイライラしているようにも見えました。親戚のおじさんに怒られてる感じというのかな。

 

そして急にオヤジの興味は後ろに座っていた私に移り、あの女性は誰?   と聞いてきたので、旦那が答えるより先に私が「妻です」と答えると、旦那はまた怒られ始めました。 笑

「こんな良い奥さんがいて、いつも支えてもらって、もっと感謝せなあかん!」

等とオヤジが喋り出したので、ちょっとビックリして、

「あの〜   何で、私が良い奥さんだって言えるんですか?」

と、おそるおそる聞いてみたら、

「ひと目見たら判る。」    

と、嬉しい言葉をいただきました。

 

私誰かにここまで褒めてもらえたの、何年ぶりだろう。。  

あやうく泣きそうになってしまいました。今まで頑張って、ほぼ独りで家と子供と旦那のメンタルを守ってきた評価をいただけた気がしました。

 

今風に言うと、ワンオペ育児って言うんですかね・・ウチは育児にプラスして旦那の愚痴聞きや身の回りの世話まで私が独りで抱えてますけど。旦那の実家は全くアテになりません。

しかしこの「ワンオペ育児」って言葉、誰が作ったのか知りませんけど、うまいこと言いますね~。わたし初めて新聞でワンオペ育児についての記事を読んだ時、「これだ!私これだったんだ!!」と声に出して叫びそうになりました。

ワンオペ育児はブラック企業並みだとか言いますけど、ホントその通りでしたよ。休日が全く無いどころか夜もロクに眠れません。旦那はアテにならないし。

 

話がそれたので元に戻します。

この初対面の石切の占い師は一体何なんでしょうか。私はそういうスピリチュアル的なものは胡散臭いと思っていて信じないんですけど、褒めてもらえて悪い気はしなかったです。エンターテイメントに2千円を払ったと思うことにしておきます。

  

旦那は、お金を払って小部屋を出る瞬間にも、

「奥さんを大事にせえよ!!」

と、占い師のオヤジから背中に向かって叫ばれていました。笑 

奥さんを大事にねぇ、、してくれるといいんですけど。期待はしません。

 

私はオヤジに褒められて、本当に嬉しかった。

もともと運勢を見てもらったのは旦那だけど、結果的に旦那はオヤジに怒られ続け、私だけが褒められました。苦笑

石切神社へ散歩に連れ出したのは、正解だったようです。

やはり家で悶々としているよりも、何でもいいから外に出て刺激を受けた方が、脳の活性化につながります。

幸せとか楽しい事は、じっと待っていても向こうからは歩いてきてくれなくて、自分の足で見つけに行ってゲットするものなんですね。

動かないと駄目なんだ。