読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

安倍文殊院の近くで、あのクサハカ古墳を偶然見つけました

奈良県桜井市安倍文殊院(あべのもんじゅいん)というお寺があります。三人寄れば文殊の智恵といいますが、この安倍文殊院は日本三文殊の第一霊場とのことで、地元では合格祈願で有名なお寺です。

ところで日本三文殊のあと2つはどことどこなんだろ?今度調べておきます。

 

うちの息子が受験生でいま追込み中なのですが、親の私がしてやれるのは、栄養バランスのとれた食事を作ること、息子の愚痴と弱音と雑談に根気強く付き合うこと、心の中で応援すること、プレッシャーを与えないこと・・これくらいです。

親は、愛情をもって少し遠くから子供を見守っているくらいがちょうどいいのかも知れません。 

 

私はいま出張先の旦那の体調ばかり気にしているので、それがかえって子供にはちょうどいい感じらしいです。母親の関心が自分に集中してない感じが、息子的には有難いとのことでした。 

かといって自分に関心ないのも困るのだそうで。。ご飯もちゃんと作って欲しいし、話し相手にもなって欲しいのだそう。。  難しいわ! 笑

 

最後は神頼み・・という訳で、先日、家に子供を残して安倍文殊院まで合格祈願に行ってきました。

私は奈良県内に住んでいるので車で行った方が断然ラクなのですけど、こういうのはやっぱりラクじゃない道を選ぶべきだと思い、電車と徒歩で行くことにしました。

 

最寄駅の桜井からは徒歩で25分くらいかかりました。観光案内所の方にはバスをすすめられましたが歩きました。坂道が多かったので結構しんどかったです。寒いし。

 

安倍文殊院名物? 合格祈願の巨大干支花絵です。

f:id:rabumari:20170202170558j:plain

ここのお寺は本堂に入る前に和室でお抹茶とお菓子をいただけます。

とっても美味しい和菓子でした。吉野葛をつかっていたのかな?

 

本堂の渡海文殊は圧巻でした。快慶作です。すごいです。

私は文殊様と目が合ったような気がして涙が出ました。(心が疲れ気味のせいかも)

もちろん撮影禁止なので写真はありません。文殊院のホームページで思いっきり見られますけど。

 

帰る途中、ちょっと有名な古墳があったので立ち寄りました。文殊院の近くだったんですけど、古墳の名前、何て言ったかな・・たまにテレビでも見るんですけどね。すごい珍しい漢字の古墳です。フリガナがないと絶対読めないような。

クサハカ古墳だったかな?そうですクサハカ古墳。住宅街の細い路地を入ると急に現れるのでびっくります。

 

その古墳の小さな案内板は、徒歩で行ったからこそ見つけることが出来ました。車だと絶対に通り過ぎてしまうと思います。

その、クサハカ古墳の入り口です。中には自由に入れます。石棺にも触れます。中はすごかったですよ。石棺の奥には盗掘された跡がありました。

 

お墓なので石棺の写真をとるのは控えました。当然ですが奥は真っ暗です。

f:id:rabumari:20170202165329j:plain

あれ?合格祈願日記だったはずが、奈良観光の隠れた名所案内のようになってしまいました。まあいいか(笑)。

ここは本当に穴場です。古墳マニアにはたまりません。でも本当に民家のすぐ近くにあるので、静かに見物しないと近所迷惑になると思います。