ろばの日記

平凡主婦日記

NHKの子供番組に癒されています

旦那が転職して新しい職場環境で働き始めてから、私は旦那の仕事と身体とメンタルのことばかり心配していてちょっとしんどいです。私が心配してどうなるものでもないですし前向きに楽観的に考えていくしかないのですが、ふとした時に訳の分からない不安感に襲われて、悪い方へ悪い方へ考えがいってしまうことがあります。 


駄目だ、こういう時は無理にでも笑った方がいいに決まっている‥ということで、今日は(もう昨日か)録画しておいたNHKの子供番組を息子と一緒に観ました。「みいつけた」です。笑

好きなんですよ私。サボさんとコッシーが。あの二人とスイちゃんのやり取りはめっちゃ笑えます。2日くらい前のエピソードで、サボさんがバイオリンを弾く巻ていうのがあったんですけど、それを息子に見せたら爆笑していました。息子が笑い転げている姿が可笑しくて、私も笑えました。


ありがとうサボさんとコッシー。ありがとうNHKEテレ。嫌なことを一瞬忘れさせてくれました。

Eテレはいいですね〜。子供が小さかった時からの癖というか習慣で、うちは朝のテレビはNHKと決まっています。0655とかシャキーンとか花かっぱとか、そういうのをずっと見ながらゴハンを食べたり色々しています。因みに息子はコレナンデ商会が終わって、みいつけたが始まる頃に学校へ向かいます。


子供向け番組は夢があっていいですよ本当に。なんかホッとします。やっぱり人生にはドリーム感が必要ですね。脱・現実というか。

息子は動物のぬいぐるみとか、とにかくかわいいキャラが好きで、うさぎのモフィというアニメが気に入っているようです。でもモフィは月曜日しかやってないんですよね。録画しようかな。   

そう言えば、細川たかしはキティちゃんが好きらしいです。マツコの番組で言ってました。男の人もやっぱりかわいいものが好きなんですね。そりゃそうですね。


 ねこねこ日本史っていうNHKの番組があって、これも私達は大好きで毎回録画して楽しく見ています。

アンパンマンもいまだにやめられません。アンパンマンジャムおじさん、いいですね。あんなに優しくて勇気があって頼りがいのある人なかなか居ないですよ。

出来ることなら私もパン工場で暮らしたいわ‥  と息子の前でつぶやいたら、「でもパン工場は毎日バイキンマンに襲われるねんで。毎日お客さん来るしたまに変な人も来るし」と言われました。

ああそうか確かに‥  笑