ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

結局息子は中耳炎でした。

こんばんはrobaです。今日かかりつけの耳鼻科へ息子を連れて行ってきました。

そこはとても評判のいい診療所でいつも混んでいるのですが、今日も当然のように混んでいて、診察まで二時間ほど待ちました。その間私は待合室に置いてあった週刊文春を何冊も読みました。息子は隣で週刊少年ジャンプを何冊も読んでいました。

 

私達のすぐ近くで、賑やかすぎる3歳半くらいの幼児とその母親が、かなり大きい声で仮面ライダーの絵本を読んでいました。仮面ライダー「何」だったかな?ゴーストの前のやつだったかな?ガイム? エグゼイドではなかったですね。どうでもいいんですけどね。どうでもいいけど、仮面ライダーゴーストに出ていた「お兄ちゃんと妹のカノン」は、機動戦士ガンダムの「キャスバル兄さんとアルテイシア」を思わせる関係でしたね。シスコンでブラコンな兄弟なんですよね・・・ほんとどうでもいい話なんですけど、こういう、どうでもいい話が私は好きなのです。 そして今中学三年の息子は、こんな私のどうでもいい話にいつも喜んで付き合ってくれています(笑)。映画の話とか、めっちゃ喰いついてきます。クリント・イーストウッドの凄さについての話を熱心に聞いている中学生ってちょっと面白いですよね。息子は、自称映画ファンの私の手によって中途半端な英才教育?を受けています(笑)。図書館で、キネマ旬報を一緒に読んだりとか。

 

あぁ、また話が横道にそれてしまった。10日ほど前からずっと耳がおかしいと言っていた息子は、きょう急性中耳炎とハッキリ診断されました。やはり病院は、混んでいるところに行かないと駄目ですね。。ていうか、先週の木曜に仕方なくタウンページで調べて行った耳鼻科、誤診じゃねーか。ヤブ医じゃねーか。 おかげで期末テスト大変だったじゃねーか。

 

私、今回も前回も診察室へ一緒に入りましたけど、ヤブ医の診察と、今日の医師の診察とでは、診察の仕方が全然違いました。びっくりするぐらい違いました。うまく説明できないですけど、今日の医師は、息子にコップの水を一口飲ませるのと同時に耳に空気かなにかを入れる・・・みたいな応急処置を施して下さったのですが、その処置をした瞬間、息子が「うぅぅああぁっ!!」と珍妙な声を出していたので何があったのか後で聞いてみたところ、「先生が何かした瞬間に耳がゴボゴボッとして、聞こえかたが良くなってん。」と、興奮気味に教えてくれました。 

そして、「あの先生、ドクターGやな・・・」と、つぶやいていました。ドクターG。私が好きなNHKの番組なんですけどね。分かる人だけ分かって下さればいいです。

 

今日の先生、息子は小学生の時から診てもらっているのですが、子供が一生けんめい自分の症状を説明するのを、忙しい中ちゃんと聞いてくださって、とても感じがいいんですよ。説明もとても丁寧です。そして腕も確か。まさにドクターGです・・・だから人気があって、いつ行っても混んでるんですけどね。

まあでも、あの先生なら、二時間待ってでも診てもらいたいです。うちは歩いて行ける距離なんですけど、患者さんの中にはわざわざ電車で何駅も乗って通って来られる方もいるみたいでした。さすが、ドクターG。

ところであの先生、車は何に乗っているのかな?出来れば国産車であってもらいたいです。見た目的には、40代後半に見える50代前半という感じなのですが。

車選びって、性格がもろに出ますよね。派手派手なベンツとかだったらイメージ狂うなあ~ ボルボとかフォルクスワーゲンだったらワタシ的には大丈夫ですけど。

余計なお世話ですね。すみません。ではまた。