読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

パッションフルーツの話、新聞連載小説の話など

こんばんはrabumariです。きのう野菜をもらいに実家へ行ったついでに例のパッションフルーツ苗を観察してきました。パッションフルーツの苗は本来4月頃に植えるべきものなんですけど、ホームセンターで私が苗を偶然見つけたのが6月末だったので、やっと今、花が咲き始めたところです。来週あたりから急に気温が下がりそうなので、この先成長がどうなるのか実がなってくれるのかちょっと心配です。農業をしている両親からは、「時期外れだ。実るはずがない。」といつも馬鹿にされているのですが。

パッションフルーツの花です。とても珍しい形をしています。

f:id:rabumari:20161006225045j:plain

なんかすごいですね。宇宙からきた植物みたいです。別名トケイソウともいいます。

これ、どっちがおしべでどっちがめしべなんだろう。

この花は、朝顔のように午前中だけ咲いて、午後にはしぼんでしまいます。

受粉できているといいのですが・・・それにしても見れば見るほど不思議な形です。

f:id:rabumari:20161006225421j:plain

 

話は変わりますが、朝日新聞の連載小説「クラウドガール」が急に面白くなってきました。連載開始当初はちょっと登場人物に感情移入がしにくくて、前回の連載小説、沢木耕太郎さんの「春に散る」が懐かしくて仕方がなかったのですけど。

「春に散る」は面白かったですね。まあ私の年齢も関係しているんでしょうね。沢木耕太郎さんといえば代表作が「深夜特急」ですが、私は学生時代の先生にこの「深夜特急」をすすめられて、試しに1の香港マカオ編を買って読んでみたらあまりにも面白かったので一気に読んでしまい、すぐに全巻買いにいきました。その後しばらくしてテレビ番組で大沢たかおが「深夜特急」風の旅をしたんですけど、それもとても面白かったことを覚えています。私にはあんな旅はちょっと無理ですが、憧れます。旅、いきたいなあ。。。 旅行と旅は全然ちがいますよね。 何となく、風の向くまま気の向くまま、行き当たりばったりのノープランな一人旅を一度でいいからしてみたいですが、この歳になるとそんな無茶なことはなかなか出来ないですね。学生時代の夏休みとかでないと無理ですね。貧乏ひとり放浪旅、独身時代に国内1週間でいいからやっておけば良かったなぁ。

沢木耕太郎さんは、たまに新聞紙面で映画評論をされることもあるのですが、彼が紹介した映画は必ず観たくなります。説得力がハンパなくて鋭いんですよ文章が。

 

そういえば朝日新聞は今、朝刊で金原ひとみ、夕刊では綿矢りさの小説が連載されているのですが、この二人が芥川賞を同時受賞した時の衝撃はすごかったです。よく覚えていますけど。二人とも若くてとても美人だったので本当にびっくりしました。作風は、私は綿矢りささんの方がやわらかくて親しみやすくて好きです。金原ひとみさんの方はちょっと表現がどぎつい時があって心臓に悪かったりするので・・・でも、クラウドガールはこの2、3日で急に面白くなってきました。人間というものが、どういう家庭環境でどういう性格の親に育てられたらどういう風に成長するのか?という事に、私はとても興味があるのです。自分が育児をしている最中だからだと思うのですが。

 

何かね、幼稚園や小学校時代に可愛かった近所の子(息子の同級生ですね)が、中学校に上がったとたん急におかしな風に駄目になっていく様子を目の当りにしていると、ものすごく、何というのか、その子の置かれている家庭環境とか親の性格とか、日ごろ何を食べて生活しているのかとか生活スタイル、親の趣味、性格、どんな声掛けを普段親からされているのかとか、そういうことが知りたくて仕方がないんですよ。 非常にプライベートなことなので本人に聞くわけにもいかないし、聞いたところで本当のことなんて他人には言わないだろうから知る術がないんですけどね。

 

学校の先生になる人達の気持ちが、この歳にしてやっとわかるようになってきました。まあ学校の先生が皆が皆、志の高い真面目な人たちだとは限らないんですけど。実際、変態教師なんかもいっぱいいる訳で。ハレンチ教師がつかまっている報道を見ていると溜息が出ます。あぁ、あと、公務員だから安定しているからとかそういう理由で教師になった人も、何というのかちょっとアレかも知れません。今まで何人もの息子の担任の先生と話をしてきて思うのは、当たり外れが大きすぎるってことですかね。人間と人間の問題なので結局は相性なんだと思いますけど。でも、小学校や幼稚園で担任の先生と相性が悪いともうズンドコですよその一年は。子供は一日中、その相性の悪い先生と一緒にいる訳ですからね~。先生も人間なのでエコヒイキは必ずあるので(^_^;)

 

それで、担任の先生とも相性が悪い、親とも相性が悪い、ということになると、子供はどうなってしまうのかっていうのが私は最近気になって仕方がないのです。要するに、近所に気になるお子さんがいるという事なのですが。まあ私のような素人がどうのこうの言ってもどうにもならない問題なんですけど。 

人間を育てるって本当に奥が深くて難しいんですね。お金で解決不可能なことが一番大事なんでしょうかねやっぱり。確か星の王子様でサン・テグジュペリが言ってましたね。「一番大事なことは、目に見えないんだよ」と。本当にそうですね。 なんか止まらなくなってきてこの日記どう締めくくったらいいのか分からなくなってきたので、もうこの辺で終わりにします。ではまた。