読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

高校見学その他で毎日忙しい話

こんばんは。rabumariです。昨日と今日、土日連続で子供の高校見学に付き添ってきました。大変でした疲れました(+_+)。特に今日は朝から良い天気で気温もあがったので疲れました・・・濃厚な一日でした。オンナ40代、寄る年波には勝てません(苦笑)。

 

わたし何を思ったのか、今朝は久しぶりにハイヒールを履いて出掛けたのですが、履くのが久しぶりすぎてヒールのゴム部分が劣化している事に気が付かず、家を出て最寄りの駅までたどり着く間に靴底が駄目になってしまい、ゴム部分がとれた後の変な金属音?をコツコツ響かせながら、目的の高校まで行くことになってしまいました。

コツコツというよりはカツカツといった方がいいようなタップダンスみたいな変な音が鳴ってしまって本当に恥ずかしかったです。無事、目的の高校にたどり着いて上履きに履き替えた時には心底ホッとしました。帰り道はどうでもいいので。

 

普段スニーカーとかサンダルばかり履いているからこういうことになるんですね。たまにはキレイな格好をしてヒールの高い靴を履いて出掛けないと駄目なんだなぁ、、、と痛感しました。同じような靴でも、もっと新しいのもあったのに、何でわざわざ古い方を履いてきてしまったんだろうと近鉄電車に乗りながら自分で自分が嫌になりましたが後の祭りでした(苦笑)。帰りに靴を修理に出したら三千円弱もかかってしまいました。年に数回しか履かないのに・・・まあ仕方ないんですけど。 

ちなみに主役の息子いわく、今日見学した高校は、全体的に雰囲気が何となく肌に合わなかったらしいです。独自性があって活発な雰囲気で在校生の挨拶がとても清々しくて気持ちよく、いい学校だと私は思ったんですけどね。本人が嫌だと思うんだったらそりゃあ仕方ないです。通うのは私ではないので。息子は昨日見学した高校の方が気に入ったようでした。地味で生徒が人見知りっぽくて、マジメ色が濃い学校の方が息子の好みのようです。ひっそりと真面目に勉強したいんですね。(←私とは違う)

 

今日の高校は映画監督の河瀬直美さんの母校で、その縁で奈良国際映画祭では作品を出品したりレッドカーペットを生徒が歩いたりもする面白い学校だったんですけど。。自称・映画ファンの私としては、レッドカーペットと聞いて単純に「おおぅっっ!?」と思わず喰いつきましたけどね(笑)。ほんと単純ですね。 

でも、なら国際映画祭って今年は斉藤工さんとか高橋克典さん、藤竜也さんも来て奈良公園内に作られたレッドカーペットを歩かれたんですよ~。斉藤工ですよ斉藤工!すみません(^_^;)しつこいですね。でも斉藤工さん、色っぽいですよね。わたしは結構好きです斉藤工TSUTAYAマガジンに載っている彼の映画評論?を読むのも楽しいです。彼は相当ディープな映画マニアなんですよね。

なら国際映画祭ってついこの間あったんですけど、斉藤工がレッドカーペットを歩くところ、見学しに行けば良かったなあ・・・本気で見ようと思えば、遠くからなら無料で見られたみたいなんですけど。なんか野暮用があってそっちを優先してしまいました。主婦は悲しいです(T_T)。

 

さいきん何だかんだと珍しく予定が詰まっている私、明日は車のリコール対応でディーラーに行く予定が入っています。ディーラーって何やかやでほとんど半日仕事になるんですよね・・・営業担当の人の話が長引いたりして(苦笑)。あーしんど。

それで、「何か最近わたし忙しい。忙しくてパソコンの前に座る暇がない。リア充だ。リア充だ~」と家でつぶやいていたら、息子に、「ママ。リア充っていう言葉の使い方をちょっと間違えてるで」と冷静に指摘されてしまいました(笑)。えっ?そうなんですか? 息子によると、現役中学生の間では「リア充」というのは、ラブラブの彼氏または彼女がいる人が使う言葉なのだそうです。 

えっ?そうなんですか?(笑) 私はてっきり普通にリアルにやることがいっぱいあって生活に忙しくてネットしている暇がない人が使う言葉だと思っていましたよ。そうなんや~勉強になります。

そういう訳で明日はディーラーで頑張ってきます。車のこと、旦那はもう当り前のように全て私任せです。営業担当の男の人は私より4歳くらい年下で、営業職だけあって話し上手なので毎回ものすごい長時間、コーヒーを飲みながら世間話を(車に全然関係ない事とかも)することになるんですけど・・・(笑)。 それがもし私好みの男性だったら?とかそういうことを旦那は全く考えないみたいですね。意外と主婦の心って隙間だらけなんですけどね(笑)。 

それがもしいいオトコだったら、「新車の試乗させて下さい」とか何とか言ってちょっとしたドライブにでも行くんですけど。冗談ですよ(笑)。 ではまた。