ろばの日記

平凡主婦日記

栗ご飯とパッションフルーツの花の話

こんばんは。いま私はNHKをみながらこれを書いているのですが、宇多田ヒカルってやっぱり凄い人ですね。彼女が15歳でデビューした時も「天才だ!」と思ってびっくりしましたけど・・・やっぱり天才ですね宇多田ヒカル。すごいです。15歳といえばうちの子供も今15歳なんですけど、同じ15歳でもこれほど違うものかとびっくりします。うちの子供なんてまだ全然子供ですもん。親の私からみればまだ赤ちゃんみたいなものです。ひとりじゃ何も出来ないし、友達も少ないっていうかいないし(←これは歳と関係ないかな?)。まぁ芸能人は特殊な人たちなので一般人とはまた別なんでしょうけど。

 

そういえば半年ほど前、駿河屋っていうネット買取ショップにCDとか漫画を買い取ってもらったことがあるのですが、確か見積もりの段階で宇多田ヒカルのCDは1円査定だったような記憶が・・・(苦笑) 1円て! 馬鹿にするのもほどほどにしてよと思って宇多田ヒカルは売りませんでした。筋肉少女帯が確か300円くらいだったので流通量とか在庫数の問題なんでしょうけどね。そして駿河屋さんは何故か玉置浩二(ソロ)のCDを700円の高値で買い取ってくれました。何でだろう?ジブリ映画の歌CDも結構な高値で買い取ってくれました。スマップのCDも1,000円くらいで買い取ってもらいました。まだ解散発表も何も全然してなかった頃の話ですけど。何でだろう?状態が良かったのかな。単純に、世間の需要に対して在庫が全然なかったってことでしょうかね。モノの値段て面白いですね。 

宇多田ヒカル、いま数年ぶりに活動を再開したってことでちょっと話題になっているので今だったら過去のCDがもうちょっと高値で売れるのかも知れないですね。世間の流れに乗ってみることも、ある意味では大事かも知れないですね。私はひねくれ者なので、俗世間の波に乗るのはどちらかというと苦手なのですが、波に乗っている人のフリをすることは出来ます(笑)。いちおう大人なので。こんど試しにオークションに出してみようかな。ちょっと疲れたので在宅ワークは最近お休みしてるんですけど。

 

きのう二週間ぶりくらいに実家へ行ったら例のパッションフルーツの花が咲いていました(^-^)。台風の風雨にも負けず、頑張って育っている姿にちょっと感動しました。花が咲くってことはひょっとしたらそのうち実がなる可能性もあるってことですよね・・・ あぁ、パッションフルーツ食べたい。ひとつでもいいから実ってくれたらいいんですけど。私は基本的に自分の実家に行くのは毎回ちょっと気が重いのですが、パッションフルーツのお陰で小さな幸せっていうか楽しみが出来ました。 私の親、犬とか猫とか何でもいいから動物を飼ってくれたら実家に行くのも今よりは楽しくなる筈なんですけどね。私の親は動物の世話が嫌いみたいです。ついでに言うと子供の世話も苦手だったんだと思います。その証拠として、私は親と意思の疎通がうまく出来ていません。なんかいつもズレるんですよ大事だと思うポイントが昔も今も。これは何なんでしょうね。親子関係も、ただ一緒に暮らしているだけでは駄目だという事なんでしょうかね。自分の育児の参考にします。勉強になります。

 

私のパッションフルーツ、「例の」なんて言っても誰もわからないでしょうけど、分かる人だけわかって下さればそれでいいです。めっちゃ美味しいですよねパッションフルーツ。あぁ食べたい。パッションフルーツの花ってすごく変わった形をしていまして、まるで時計みたいな形なのでトケイソウとも呼ばれているそうです。私うっかりしていてカメラを持っていなかったので写真をとることが出来ませんでした・・・残念。自分の携帯がスマホだったらよかったのにと初めて思いました(笑)。私ガラケーなので。ガラケーで写真は一応とったんですけど。ああそうだ、メールに添付してPCに送ればいいのか。まぁまた今度でいいや面倒だし(笑)。

実家で栗をもらってきたので、さっそくクリごはんを作りました。

f:id:rabumari:20160922233644j:plain

わざとクリをごろごろのせて写真をとりました。ちょっとのせすぎかな。栗は皮をむくのが大変で、ちょっと渋皮が残っていますがそのほろ苦さがまた良かったです。旬のものはやっぱり美味しいですね。サザエさんの家では、こういう時にカツオやワカメがクリの数をいちいち数えるんですよね(笑)。「マスオ兄さんのところに5個入った~!」みたいな感じで。鬱陶しい・・・あ、いや、微笑ましい光景です。こういうとき大家族は大変ですね。うちは3人家族なので、クリご飯を3合炊いたら半分くらいあまりました。冷凍して私の平日のお昼ご飯にでもします。家で徹子の部屋をみながら独りで食べる昼ごはん、楽しいひとときです。暗い女です(笑)。ではまた。