読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

旦那のメンタルが一番ズンドコだった時の話

いっとき終息しかかったように見えた旦那の転職活動がにわかに活発化してきました。いま旦那は時短勤務リハビリ中なので残業が全く無く、毎日7時過ぎには家に帰ってきていたのですが、今日はめずらしく帰宅が9時を過ぎました。なんでも仕事帰りに或る転職エージェントの会社に寄って、担当者と面談をしてきたのだそうです。これまでは電話面談ばかりだったので、一歩前進したと言えるかもしれません。書類審査を通った会社があり、面接日も決まったとか。おぉ。

そもそも仕事帰りに、今回のようにタイトなスケジュールで面談を入れること自体、旦那のメンタル(体力)が徐々に回復しつつある証拠だと言えるかもしれないです。今日も帰宅後開口一番「しんどい疲れた」と言っていた旦那でしたが、そうは言いつつ何とか今日一日を乗り切って、晩ごはんもしっかり食べていたので多分大丈夫なのでしょう。私との会話も普通でしたし。

 

今日の晩ごはんはハンバーグとカボチャサラダだったのですが、旦那はハンバーグをつまみに缶チューハイを2本飲んだ後、白米をお茶碗一杯食べていました。飼育係(私のことです)は、夫の食事量を朝昼晩きちんとチェックしているのです。食欲があるかないかは、メンタルチェックにおいては重要なポイントです。ちなみにお昼は私の作ったお弁当です。愛妻弁当ではありません。ただの妻弁当ですけど(笑)。 

今晩のハンバーグです。

f:id:rabumari:20160912233328j:plain

 

やはり心の病はゆっくり治していかないと駄目なんですね。

うちの旦那の場合は、1年がかりで何となく向こうの方にトンネルの出口が見えてきたかな?というような感じです。あくまで私の主観ですけど。まだ出口が見えてきたような気がするだけで、脱出は出来ていません。本人は、自分ではわからないと言っています。はたからは、心身共に徐々に回復しているように見えます。

去年の今頃、旦那は全く食欲がなくてどんどん痩せていって、私との会話も何かおかしかったというか普通の会話が成立しなくて、出張ばかりで家にいないし、たまに帰ってきてもいつもフラフラで、私、本気で「この人このまま放っておいたら自殺するんじゃないか?」って思っていました。

有給とって休むように言っても、「今は休めない」と断られ、勝手にメンタルの病院を予約しても「平日は行けない休めない」と断られ、もう本当にどうしたらいいものかと、私はかなり悩んでいました。 これが息子の問題だったら、すぐさま学校に電話して乗りこんでいくとこなんですけど、さすがに旦那の会社へ私が強引に乗りこんで行くわけにもいかず・・・。

あの頃はよく旦那を最寄駅まで車で送迎していました。忘れもしないのですが、一度だけ、私の待つ車に乗り込むなり旦那が泣き出したことがありました。それも結構大泣きでした。夜11時半頃でしたけどね。

私はびっくりしてかける言葉もなく、ただ旦那の背中をさすることしか出来なかったのですが、その時、さすがにもうこのままでは本当に駄目だと、無理やり病院へ連れて行く決心をしたのを覚えています。そうしないとこの人は自殺してしまうと、本当に思ったのです。 

今思えば、私にだけしか旦那は弱音を吐けなかったのだと思います。子供の前ではきっと泣けなかったはずなので、旦那が一番精神的にしんどかった時に、車で送迎していて正解でした。車の中では私と旦那の2人きりでしたから。ていうか、車の中でしか夫婦2人きりにはなれなかったです。結果オーライです。大変でしたけど。

 

ところでメンタルクリニックは今とても混んでいて、なかなか希望する日時に希望するクリニックの初診予約がとれなくて、私はネットで色々調べて、家から通えそうな所にある病院に片っ端から電話をかけまくりました。 私の必死さと切実さが電話から伝わったのか、受付の方は皆さん熱心に私の話を聞いて下さりました。感謝です。いま旦那が通っている病院は、そういう経緯で偶然に見つけたところなのですが、これも何かの縁なのでしょう。 

私は最近よく思うのですが、世の中、縁が全てです。努力も運も大事だけど、結局は全て何かの「縁」なのでしょう。私が旦那と出会ったのも何かの縁だし(職場恋愛)、旦那が今の会社にいるのも何かの縁(彼は転職経験者)、この先旦那がどこかの会社に転職したとしたら、それも何かの縁。縁、縁、縁。

何度も書くとエンという字も鬱陶しいですが。苦笑

今日は重い話になってしまいました。こんなはずではなかったのですが。ではまた。