ろばの日記

平凡主婦日記

40代の転職活動はやっぱり厳しかった話

こんばんは。rabumariです。

今日から甲子園で高校野球が始まりました。智弁学園、頑張ってくれました。試合の内容的には、第三試合の方がすごかったですけどね。すごい試合でしたよ本当に。

ちなみに智弁学園の相手、島根の出雲高校は進学校らしいですね。出ました文武両道。

「文武両道」この言葉が私は苦手です。たまにいますけどね。勉強も運動も両方出来る人(通知簿オール5の人)。なんかズルくないですか?頑張ってもどちらも中途半端な結果しか出せない私のような人の立場は一体・・・。

勉強はまあ、頑張ればそれなりに結果はついてきますけど、体育の場合は生まれつきの要素も多いと思うんですよ。持って生まれた運動センスなんて努力してもどうにもならないというか、いかんせん限界があるというか、いくら私が努力しても通知簿の体育の欄に5がつくことは有り得なかったというか。はっきりいって嫉妬なんですけどね。羨ましいです。勉強もできて運動もできる人が。いいなあ~ 

 

さて、金曜に有休をとった旦那のところに大阪の某会社の人事担当者からスカウト?の電話がかかってきました。スカウトとかそんな格好いい話ではないかも知れないですけど、とにかく電話はかかってきました。結果は、、、厳しいみたいです。やっぱり。旦那が言うには、英語が普通に喋れる人が欲しいっぽかった、との事でした。なんとその人事担当の人も、外国からわざわざ電話してきてたみたいです。あらら・・・(笑)

私たち、英語なんて中学レベルの日常会話も怪しいのに、ビジネス英語なんて無理無理。はぁ~やっぱり勉強はちゃんとしておかないと駄目なんですね。当たり前のことですけど。でも、仕事で英語が普通に使えるレベルの人なんて日本人の中にどれくらいいるんだろう?何割?いや何割もいないでしょうね。何パーセントなのかなあ?

40代での転職活動、やはり一筋縄にはいかないようです。当然か。 なんか旦那は昨日も某転職支援会社の電話面談があったみたいですけど。そっちの方はどうだったんだろう? 20代とか30代のようにはいかないですよね絶対。40代なんて即戦力以外の何者でもないですもんね。まあ、私は黙って見守ることにします。旦那が納得いくまでやってみたらいいと思います。不安がないといえば嘘になりますが、今が最後のチャンスかも知れませんし。

 

ところで8月に入ってからあちらこちらで花火大会が開かれていますね。私も昨日、息子と二人で近所の花火を見にいってきました。規模は小さいのですが、キレイでした。人が少ないのもよかったです。花火を見ている間は、日ごろの悩みとか嫌なことも忘れていました。思春期の子供が素直についてきてくれたのもうれしかったです。旦那も誘ったけど、断られました(苦笑)。そんな気分になれなかったんですかね。

f:id:rabumari:20160807235450j:plain

夏って感じしますね。ではまた。