読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

団塊ジュニア、ひと山いくら世代の問題

こんばんは。rabumariです。

今日は会社で相当嫌なことがあったらしく、帰宅して玄関を開けた瞬間から旦那は愚痴りはじめました。ひとことで言うと、「あの会社もうアカン。もう我慢でけへん。」みたいなことを、ぐだぐだぐだぐだ食事中もずーーっと言っていました。

 

私は、また始まった・・・と思いながらも最初はふんふんと同調しながら旦那の話を聞いていたのですが、本日の愚痴の原因が嫌いな上司(同僚?)だと分かったあたりからだんだんイライラしてきて、旦那が「俺はちょっと一旦、職場環境をリセットしたいわ!」と言った時、よせばいいのに「それなら私も一旦人生をリセットしたいわ!」と口走ってしまったのでありました。

よせばいいのに(笑)。よせばいいのに。でも私も人間だから、これでいいのだ。

 

病み上がり(病み中)の旦那が私のそのヒトコトをさらっと聞き流す訳もなく、「それを言い出すとまたおかしなことになるから、、、」とか何とか噛みつきそうな勢いで返してきたので、私は急に色々面倒くさくなって、冷めた声でとりあえず「聞き流しといてください」と答えて洗い物に集中するフリをして逃げたのですが、その後若干、気まずい空気が家庭内にただよっています。(^_^;) あぁ、めんどくさ。

人間関係が嫌で会社を辞めるんなら、夫婦が別れるのだって原因は人間関係のもつれなんですけどね。

いつも旦那から偉そうに言われている私からすれば、あなたが嫌な上司なんですけど・・・とは、さすがに言わなかったですけど、心の中で思ってました。私がいつも我慢して愚痴に付き合ってるってことが、ひょっとして旦那はわかっていないのかもしれません。夫婦も結局は他人同士なんですけどね。こういう私たちのような夫婦が熟年離婚するんですかね。

私、いま外で働いてちょっと年上のいい感じの男性と知り合って優しくされたらもう駄目ですよ(笑)ぜったい。人が浮気に走る理由が、この歳になって初めて分かったような気がします。なんとなく優しい誰かに甘えたいんですね。みんな。心のよりどころを求めるとでもいうのかな。私は息子が恋人ですけどね。息子は迷惑でしょうけど。

そろそろ、秋篠寺の伎芸天に会いに行った方がいいのかもしれません。

 

しょっちゅう私は思うんですけど、男っていくつになっても女に「聖母マリアみたいな優しさ」を求めますよね。特に、幼いころに母親にちゃんと甘えられなかったっぽい人の方が、その傾向が強い気がします。 

うちの旦那、実父母とはあまりうまくいってないんですよ。年に1,2回は会うので断絶ではないですけど。でも旦那が実母に何かちょっとしたことを相談したり、普通に普通の会話をしてるところを私は今までほとんど全くといっていいほど見たことがないです。まあ私たちの世代は親にも学校にも相当厳しくされて育った世代なので、そういう感じの家庭が案外多いみたいですけどね。

 

私は自分の世代を、「ひと山いくら世代」と呼んでます。団塊ジュニアです。私もさほど両親とは仲良くないです。厳しかったので。旦那の実家に行ったら私が一番頑張って喋ってます。子供もおとなしい子なのであまり喋らないので。

そういえば結婚前から旦那は、何か困ったときはいつも私に相談しにきてました。旦那にとって私は、母親がわりなのでしょうか。ふぅ~

ここで言いたいことを書いたらちょっとすっとしました。

ちょっと今読み返したら、すごい乱文でした。

もし読んで下さった方がいてそれが男性だったら、気を悪くされたかも知れませんね。謝ります。ごめんなさい。

 

この今の心のモヤモヤを自分の育児にいかすことにします。ちょうどウチの子供、男なので。だけど、こういう父母を見て育った子供は結婚願望すら失くすかも知れないですよね(苦笑)。又は、さっさと自立してくれるかも?