読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

続・産業医の面談

こんばんは。

昨日(金曜)の昼イチに産業医との面談があった夫。

今まで言いたくても言えなかった転職願望についても、ついに伝えたようです。

 

本人曰く、いろいろ我慢していた事を全て(全てではないかな?)吐き出せたようで、

産業医と喋っているだけで どっと疲れてしんどそうにしていたら

心理的不安が大きいようだから、今日はもう半休をとって帰りなさい」

と言われ、すぐさま私のケータイにその旨をメールしてきました。

今日は今から帰ると。

 

夫にとって私は保護者なんですね(苦笑)。

私は、束縛するのもされるのも苦手なのですが。

まあでも、仕方ないです。いま夫は体調が悪いので。

まいにち私が話を聞いてあげないで誰が聞くんだ?

と、いつも自分に言い聞かせてます。

 

息子が中学生になって、だいぶ自立して手がかからなくなってきたので、

「これでやっと私も外で働ける~」 

「パートでも何でもいいから、16年ぶりに社会復帰ができる~!」

と思いつつ、毎日求人などを眺めていたら、

次は夫が手のかかる息子状態になってしまいました。(T_T)

 

いま私が外で働いて「自分も少しは稼いでいるのです」感を出したら

きっと家の中が妙な空気になって居心地悪くなるんだろうなあ。

家事育児は全くしませんから。うちの夫は。

ゴミ出しすらしません。本当に何もしません。

 

電化製品の買い替えとかって一般的に旦那さんの担当だと思うんですけど、

そういうことも、ちょっとした大工仕事も、

車の定期点検やメンテナンス、洗車、住宅ローンのあれこれ、通帳管理、

マンション管理組合のこまごまとしたこと等など、

ほんとにウチの場合は全て私任せなんです。

10キロのお米も、2Lペットボトル6本セットの重い段ボールも、

いつも私がふうふう言いながら運んでます。

こういうのって、どうなんでしょうか?

専業主婦ってこういうものなのかなあ?

まあ、よその家と比べることが私は嫌いなので、別にいいんですけどね。

それにしても、です。

昭和の亭主関白か? (笑) って時々言いたくなります。

 

息子が、思春期のわりにはとても物分りがよくて、

いつも私の強力な味方になってくれるので、それを支えに踏ん張ります。

息子は、自分が自立したら、もう離婚してもいいんじゃないか? 

ママはその方がラクなんじゃないか?

とか言ってます。私と二人の時に。

本気ではないかも知れないですけどね。

 

多感な時期の子供にそんな心配までさせて、

子供に対しては本当に申し訳ないなと思うので、いつも謝ってます。

まあ夫自身も、もがいている最中だから、大変なんでしょうね。

家族もしんどいけど、きっと、本人が一番しんどいのだと思います。

ちょっと自分に言い聞かせてますが(苦笑)。

 

明けない夜はない。と信じて。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする