ろばの日記

40代主婦の日常を綴ります

急カーブキューカンバー

最近ちょっとまた地震が多いですね。こわいです。
私が今までで経験した最大震度は4なんですけど、4であれだけドキドキするんだったら、5強とか6は相当こわいですね… きっと泣く。
震度7はちょっと想像がつかない。。


ところでうちの旦那は、先週は金曜の晩に帰ってきました。
旦那は平日は出張先でロクなものを食べていないので、週末の献立は本当に気を遣います。
野菜野菜と野菜教の教祖みたいにヤサイ…とつぶやいていますが、うちは私の実家が農家で野菜は無料でいっぱいもらえるので、それは本当に助かっています。親はちょっと腹立つことを言ってきますけど。もう聞き流す。


夏野菜が獲れはじめました。
先日もらってきた野菜の中に、急カーブなキューカンバーがありました。
まるで視力検査です。

f:id:rabumari:20170626081819j:plain
スーパーでは売れませんが、味は同じ。


金曜の晩は、毎週恒例のカレーライスとサラダ。
土曜のお昼は、ズッキーニとベーコンのチーズ焼とサラダ。トマト。
土曜の晩は、お好み焼き。トマト。ブロッコリー
日曜のお昼は、親子丼、インゲン豆のごま和え。
日曜の晩は、ササミフライとエビフライ、キャベツとトマトのサラダ、冷や奴、もずく。


朝以外、ご飯ばっかり作っては片付けしてました。お手伝いさんみたい。
外食を、本当にしないんですよウチは。
しかもスーパーのお惣菜やお弁当よりも、私の作るものを食べたがる… 
家が一番落ち着くんですかね。
私もたまには、上げ膳据え膳で楽したいです。
あ~静かな温泉いきたい。


旦那は今日もまた関東へ向け出発しました。
先が見えなかった関東での仕事も、近い将来、ついに終わりを迎えることになりそうだ、との事でした。本当かなあ?
ということは、近い将来、毎日家に帰ってくるように? 
それはそれで私にはプレッシャーやな… 気をつかう。

ニュース見て色々思い出した

昨日ニュースで見たんですけど、ナントカっていう女性議員の秘書に対するパワハラ?すごかったですね… 
秘書の人、腹に据えかねたんですね。そりゃそうですよね。あれはヒドイ。八つ当たりやん。癇癪おこした子供みたい。
生声を録音か、、その手がありましたね。


うちの旦那も、これまで過去の上司からは散々な目に合わされていて、それに伴って私たち家族も散々な目に合っていますが、今更ですけど、当時のクソ上司の会議室での理不尽な発言暴言の数々、録音するように旦那に言えばよかったな… しまった。

家族全員、全力で恨んでますよ。今も。今さらなので直接手は下しませんが、きっといつか、どこかでエラい目に合うことでしょう。

因果応報です。
私たちのこういう気持ちに上司は全く気がついてない雰囲気でしたけどね。。能天気な家族写真入り年賀状が、毎年きてましたから。
羨ましいくらいに自己中心的な方のようです。
私も無神経な自己中になりたいわ。いや、嫌やわ。


あぁ、思い出した。
当時は私も子供のことで色々あって、教師と若干揉めたりして大変だったので、旦那のことまで手が回らなかったんですね。
今ほどは旦那を気にかけてませんでした。

今思えば、旦那は私にもっと構って欲しかったのかも知れません。子供と同じです。もう大人なんだからと放任しておくと、結局、後になってから大きなしわ寄せが来るんですよ。
旦那、潰れちゃって大変でしたよ。
「何でこんなになるまで放っておいたんだ??」
と、わたし自分で自分に怒りましたけどね。
メンタルクリニックに通い始めて数か月はキツかったな、、あー思い出した。
あかん。


いやいや何事もポジティブに… 笑
私が専業主婦でずっと家に居て良かったです。
外で働いていたら、きっといつまでも旦那を病院へ連れて行く事が出来ず、付き添いも出来ず、今ごろどうなっていたか分かりません。旦那の世話まで手が回りませんから。

自殺一歩手前って感じでしたけど。今思えば。
無理やり仕事を休ませて良かった。
あの時あのまま旦那を放置して、もしおかしな事になっていたら、私も子供も今頃どうなっていたか分かりません。
時々、過労からくるノイローゼで自殺した人のニュースを見ますけど、他人ごとではありません。

あかんあかん
ポジティブポジティブ。 笑
休職している間は大変でしたけど、その後旦那は復職して転職までして、今も仕事は大変そうですが、ちゃんと頑張って働いています。
給料増えたし。
それに家庭のゴタゴタにもめげず、息子は高校受験を塾にも行かずマイペースに自力で頑張って乗り切ってくれて、そこそこな学校に合格して、今は毎日元気に高校へ通っています。


ちなみに、旦那は、自分の子供が高校生になった実感がまるでないそうですが。 

私学と公立の受験本番、中学卒業式、合格発表、高校説明会、高校入学式。
これらの節目節目に旦那は毎回不在でしたから無理もありません。ずっと出張で家にもいませんでした。 


ふと思いましたけど、旦那は自分のことばかりで家や私や子供をずっと放置していますが、後になって後悔するんじゃないか?
子供は、旦那には懐いてないから、もう既に結果は出始めていますけど。
私も最近ちょっと怪しいし。笑 
こんなとこでこんなことダラダラ書いてるし。


何となくまたネガティブな方向に話がいってるな…
あかんあかん。

今日はオークションの発送作業せなあかんのやった。迅速丁寧な発送頑張ります。家事も頑張る。

家族の話を聞くのも仕事かな

東海道(山陽)新幹線が昨夜、停電で10本も立ち往生したそうな。日本の新幹線でもこんなことがあるんですね。
もし旦那が乗ってる時だったら… と想像するだけで恐ろしい。狭量な人なので。
どんだけ愚痴聞かされるかと考えるだけで鬱陶しい。笑   
文句の多いネガティブな人の話を聞くのは本当にしんどい。私はアンタの母親か? 


旦那の母親は自分の息子(私の旦那)の話にじっくり耳を傾けるタイプではないので、旦那の鬱憤は全て私に回ってくるのでしょう。。結婚当初から私は母親代わりだ。
まあ、考えようによっては、夫婦の正しい形と言えなくもないですけど。
嫁に何も言わなくなったら、それはそれで問題なので。夫婦て難しい。

何となく私は、息子が成人したらもう旦那とは別れてもいいような気がしていますが… 笑
その為には社会復帰しとかないと駄目なんですけど、肝心のそれが出来てない。苦笑
あかん。
実家に帰って農業するしかないか?
いや農業はそんなに甘くない。修業期間5年くらい必要です。独りじゃできないし。


ところで高校生の息子は昨日も一昨日も、学校から帰ってきた途端、マシンガンみたいにずっと喋っていました。一時間くらいずっと喋ってましたよ。
その日のエピソードを色々聞かせてくれる訳ですが、子供の話は旦那と違って面白いから平和でいいです。笑えます。
高校生のエピソードて、キラキラしてます。
同級生の恋バナとか。


しかし私どんだけ家族の話を聞いてるんやろう。
ひょっとして「家族の話をしっかり聞く」ていうのも、お母さんの重要な仕事とちゃいますか。

ちゃんと話を聞いてくれる人が家にいたら、家族はまっすぐ学校や会社から帰宅しますから。。
人の話をしっかり聞くって、簡単にできそうで、なかなか出来ないんですよ。これが。疲れる

また地震です

九州で震度5… 地震、こわい。
他人ごとじゃないわ。ここだって、いつ揺れるか分からへん。
明日、飲み水と保存食を買いに行ってこよう。
缶詰とか。


今日は夏野菜をもらいに実家へ行ったのですが、実家付近の狭い田舎道で原付バイクに乗った警察官とすれ違い、何事かと思っていたら、
近所のお年寄りがアクセルとブレーキを踏み間違えて、ちょっとした事件になっていました。
誰も怪我しなかったのが不幸中の幸いです。


事件事故地震は、ある日突然訪れる。
高齢の私の親も車を運転するので心配ですが、田舎は車がないとどこにも行けないし、車がないと農作業に差し支えるから「引き際」がむずかしいです。
どうしたらエエんやろ。

広告を非表示にする

紙媒体が一番落ち着く

今朝も5時40分に起きて息子のお弁当と朝食を作って、無事学校へ送り出しましたが、眠い、、、

うちの子供は反抗期らしい反抗期がなくて(ちょっとそれっぽい時はありましたけど)、私には学校での出来事とか映画の話を毎日毎日ベラベラ喋ります。

昨夜は映画の話が始まって、2人でワイルドスピードシリーズについて喋っていたら寝るのが遅くなってしまいました。
息子は、今は亡きポールウォーカーの話を興奮しながら延々と喋ってましたよ。。
何でや? ファンやったっけ?

ワイルドスピードって、私は不良が好きではないので息子を連れて劇場に見に行ったこと無いんですけどね。。ツタヤで借りてます。

どうやら息子の情報源は、映画館で配布される冊子「シネコン」のようでした。貰うと、隅から隅まで熟読してるみたいです。


紙媒体が一番落ち着くのは、私と一緒かな。
親子はやっぱり似てくるんですね。笑


今日は眠すぎるから、洗濯機を回す間だけ、ちょっと二度寝します。
若者と違い、中年の寝不足はキツイ。

コロコロコミック一筋な息子

父の日だからとかそういう訳ではないんですけど、今日(もう昨日かな)の晩御飯は、久しぶりにハンバーグを作りました。


ハンバーグは、うちの旦那と息子の大好物です。
2人とも「美味しい美味しい」と言いながら、喜んでむしゃむしゃ食べていました。
作り甲斐があります。

私もハンバーグは好きですけど、タマネギみじん切りや副菜のポテトサラダ作りの段階から最後のブラウンソースまで手抜きなしで全力で作ったので、
全部出来上がる頃にはちょっと疲れてしまってお腹いっぱいで、味があんまり分かりませんでした。


日曜日恒例、サザエさんを観ながら家族3人で食べました。
高校生の息子は文化部(ユルい系)なので、休日は家に居ることが多いです。


聞くところによると運動部の子は、練習とか試合で普段から全然家に居ないらしいですけど…
知り合いの或るお母さんが、「子供の帰りが遅い」と心配しておられました。

そりゃ一年生の一学期は色々心配でしょうね。
私も毎日心配しています。
思春期なので、うるさがられても困るので、あまり口にはしません。心の中で思ってるだけです。


うちの息子は独自性のある面白い子で、小学生の頃から愛読しているコロコロコミックの購読をやめることなく、高校生になった今も普通に続けています。笑

わたし勝手に「中学生くらいになったらジャンプやマガジンに移行していくのかな。。」と想像してましたけど、息子がコロコロコミック以外の漫画雑誌を読んでいるところを私は一度も見たことが無いです。
よほどコロコロが好きなんですね。
付録がいっぱいあって楽しいみたいですね。
今日も嬉しそうに付録のカードを並べてましたよ独りで。


出ました。独りカードゲーム! 笑
うちの息子、たぶん「結婚できない男」です。
桑野さん(ドラマ結婚できない男阿部寛)と傾向が似ています。
息子は理数系科目は苦手ですけど。(国語が得意)
あのドラマの桑野さんは、優秀な建築家でしたね。
ホント傑作ドラマでしたよ。
結婚できない男」何回見ても飽きないです。


映画「未来世紀ブラジル
私は桑野さんの影響を受けて、ツタヤで借りてきて観ました。笑  
ロバートデニーロの使い方が凄い映画でした。

この国のパンダ事情

今さらですが、上野動物園でパンダの赤ちゃんが産まれましたね。本当によかった。本当におめでとうございます。


あの~ 
ちょっとひとこと言わせて貰いたいんですけど、
私が住む奈良県のとなりの和歌山県では、2、3年に一度くらい赤ちゃんパンダが産まれて元気に育って、もう何頭も中国へ帰っていってるんですけど…
先日も3頭が中国へ旅立ちました。

もちろん、和歌山でパンダが生まれた時もニュースにはなるんですけど、今みたいに、近隣全体が派手なお祭り騒ぎみたいになることは、ありません。
温かく見守るかんじです。


誤解のないように付け加えますと、私は和歌山のパンダをもっとメディアに取り上げて欲しいとか、赤ちゃんが産まれる度に長期に渡って騒いでほしいとか、そういう風に思っているのでは全然なくて、
いい加減、上野のパンダ親子をそっとしておいてあげて欲しいと願っているのです。


パンダはとても繊細な性格なので、もうそろそろ東京のテレビ局の人達には、パンダ親子のニュースを毎日のように流すのはやめてあげてもらいたい。

まあ、もちろん、パンダが動物園内でテレビを見てストレスを感じている訳ではないんですけど、慣れない育児に日々奮闘しているシンシンの気持ちになって考えてみたら、とにかくそっとしておいて欲しい筈ではないかなと。。

赤ちゃんが公開されるとなると、もっと大騒ぎになるでしょうね。パンダの人生も大変ですよね。
公人ですね。


経済効果の問題もあるのでしょうけどね。
それにしても東京のテレビて何でいつもああいう感じなんですか。
何が何でもブームの波に乗る!みたいな。
お金儲けのことしか頭にないのかなあ。


余計なお世話でしょうけど、
和歌山のパンダと東京のパンダ、幸せなのは、絶対に和歌山のパンダですね。。
私がパンダなら、和歌山のアドベンチャーワールドでのんびり暮らしたいです。

高校生に教えられたこと

子供を学校へ送り出したあとは、やかましいテレビを消して静かな音楽を流し、洗濯機を回しながら新聞を読むのが私の日課です。

へ~とかホ~とか思いながら、時には嫌な気持ちになり時には涙を流しながら読むのですが、今朝は、高校生の投稿にとっても勇気をもらいました。
ハッとした。


「色々な可能性に折り合いをつけて、俺らは進んでいく」
「そうやって悩んで悩んでやっと辿り着いたのが今なら、俺はその今を信じてみてもいいと思います」


これは、小説すばる新人賞を受賞した青羽悠さんの
「星に願いを、そして手を。」 という小説の中にある言葉なのですが、それを読んで納得した女子高生の投稿を、私が新聞で読んで感動した次第です。

驚くべきは、青羽悠さんという方は、投稿された方と同じく高校生なのだそうです。
すごい高校生がいるものですね…
私もその本、読んでみます。


16歳の言葉に40代のオバサンが感動して勇気をもらいましたよ。
「辿り着いた今を信じてみてもいい」


迷走中のうちの旦那に、この言葉、メールしてあげよう。

紙の新聞はこれだからやめられません。
時々とんでもなく良質な情報に巡り会う。
投稿欄も、殆どが実名だから信じられる。


ネットも便利なんですけどね、、
やたらうるさい広告がチカチカ視界に入って興ざめするし、若干うさん臭さが漂う感じがするのは、私が変わっているのか古い人間だからでしょうか。

とか言いつつ、匿名でほぼ毎日このような駄文を綴っている私自身が、そもそもうさん臭い。笑
でもこんな日記、とても実名では書けません。